INDONESIA

(インドネシア)

インドネシア人は、いつもニコニコ。
ちょっとした悩みなんて、 冗談で笑い飛ばしてしまいます。
インドネシア人は本当にいつも笑顔です。些細なことは親指を立てた 「グッドサイン」で解決。とにかくフレンドリーな性格で、外国人にも積極的に話しかけてくれるので、 すぐに仲良くなることができます。
一方で、礼儀・礼節もしっかり重んじる「和」を大切にする文化なので、どこか日本人と性格が似ていると感じることもあります。
基本データ

地球の真ん中に位置する世界第4位の人口を誇る島国。300の民族が暮らし、400とも500とも言われる言葉が話されている多民族国家。 世界最多のイスラム教徒が暮らす国でもあります。


人口 : 2億6,000万人(世界4位)
首都 : ジャカルタ
公用語 : インドネシア語
宗教 : イスラム教が90%
GDP : 9,320億米ドル(世界16位・アジア5位)
在住邦人数 : 19,312人(14位)
日系企業数 : 1,533社
Indonesia Map
物価


安くものから高いものまでメリハリをつけて楽しむインドネシア

伝統的な屋台料理屋やレストランで数十円~150円程度で食事をすることができます。一方で、高級ショッピングモールに行けば一人で1万円以上もするようなお店も。ヘッドマッサージ40分200円のお店から一人数万円するエステまで、とにかく価格の上下の差が大きいインドネシア。メリハリをつけて生活を楽しむことができます。ミネラルウォーター1本15円、タクシー初乗り50円、足マッサージ90分1,000円と日々の生活は生活費を抑えながらも日本より充実して過ごすことも可能です。

住む


賃貸タイプの「アパートメント」か サービス付きシェアハウスの「コス」に

ジャカルタのアパートメントは、24時間体制のセキュリティがあり、プールやBBQエリア、ジムなどを兼ね備えているところも。お手伝いさんを頼んで掃除洗濯をやってもらっている人もいます。家賃は月5万円~10万円。 コスは、キッチンなどが共用となっているシェアハウス型の物件。敷金や礼金などはなく、毎月家賃を支払うタイプです。家賃は電気代・水道代込で月3万円~7万円、その上、ほぼ毎日掃除と洗濯をしてもらえます。


週末


スポーツ、マッサージ、飲み会が定番の過ごし方 バリにもひとっ飛び

日本人の多くはスポーツや趣味のサークル活動に参加したり、マッサージやエステで体をいやしたり、ときには世界的観光地のバリまで行ってゆっくりと過ごしたりしています。バリまでは飛行機で1時間半、往復1万5千円程度でいけるので、人気の週末スポットです。日曜日はカーフリーデーとなり、多くのインドネシア人や外国人が普段は大渋滞の幹線道路を歩いたりジョギングしたりして楽しんでいます。また、人気の配車アプリ『GO-JEK』では、料理やマッサージのデリバリーサービスが充実しているので、一日中家の中で籠って過ごすというのもあり。

食べる


日本との共通点は米食文化多民族国家だけに、食のバラエティも負けていません

インドネシア人のパワーの源は米。代表的なのはナシゴレンという、チャーハン料理。インドネシアのチャーハンは、甘い醤油としょっぱい醤油が混ざっているのが特徴です。 また、ジャカルタでは日本食から洋食まで外国料理のお店も豊富です。ラーメン店、北海道料理店、お好み焼き店、焼肉屋など専門店も多くあります。最近では、日本の大手チェーン店も進出していて、食の楽しみが増えています。イスラム教徒の多い国なので、お酒がちょっと高めなのは日本人にとって辛いところかも?!


働く


働く拠点は南ジャカルタのリトル東京「ブロックM」

海外で暮らしていると和食が恋しくなるものですが、ここ「ブロックM」なら心配無用。 日本食レストランが立ち並び、日本でもおなじみのコーヒーショップやファーストフードが軒を連ねています。買い物も「ブロックMスクエア」というモールやパパイヤという日系スーパーまで徒歩圏内で行けて困りません。年に一回「縁日祭」も開催されています。2018年末にはインドネシア初の地下鉄が開通予定で、オフィス目の前に「ブロックM駅」が完成予定です。

交通


世界一と言われる大渋滞 インドネシア初の地下鉄開通間近に期待

営業はタクシーか社用車(ドライバー付き)を使っています。いつも大渋滞のため、時間には余裕を持った行動が必須。タクシーは初乗り運賃が50円程度。市内で主要な場所を移動しても大体400円以内で収まります。最近では配車アプリサービスでバイクタクシーや車を利用できるので、より安く安全に移動できるようになりました。 2018年に開通予定のMRT地下鉄は主要なオフィス街や商業街を結ぶ路線。オフィスの目の前が駅になるため、ますます移動が便利に。


RECRUIT 2018
Back to Top